ホーム 年表 年中行事 神社 寺院 昔話伝説 民謡 わらべ唄 ゆかり
検索 獅子舞 曳山 文化財 遺跡 地蔵 板碑 民具 現在 お便り

民謡

刈り干し歌

羽坂

餅搗き歌  1

良川

刑部の籾摺り歌

新庄

曳き山車ばやし

黒氏

餅搗き歌  2

良川

石蹴り遊び歌

良川

鳥屋荷方節

鳥屋


刈り干し歌

ここの山の刈り干しゃ済んだヨー
明日は田ん圃の稲かろうかヨー(羽坂)

※  山畠の蕎麦などを刈り取って乾燥させる際の作業歌


餅搗き歌

トントコホイ
トントコホイ
宮の下から言いましょか
目の痛いは吉右ェ門(きっちょも)どん  ホイ
みずばな垂らしの平兵衛どん    ホイ
焼き付け叩きの六助どん  ホイ
醤油造りの又六どん    ホイ
盥(たらい)かぶりの伝吉どん  ホイ
あっても口説く政右ェ門(まさよも)どん  ホイ
子供のちんこい次平どん  ホイ
トッチン  トッチン喜平どん  ホイ
田ん圃の裏の新七どん  ホイ(良川)

※  焼き付け  大型の団子を藁灰の中で嫉いたもの

※  トッチン  トッチン  鍛冶屋の音

※ 米かち作業歌。
    江戸時代中期以前からあったと考えられる。

 
   幕末期の五人組隣保班の家ごと数え歌


刑部の籾摺り歌

○新庄刑部の
七カラウスと
竹切る音は
三里聞こえて七里に響く
ヤリャコナサッサーサ(新庄)

○彼岸の中日
休まんものは
新庄刑部の
鍋の蓋
ヤリャコナサッサーサ(新庄)

○もはや日暮れじゃ
さこさこかげるよ
駒よいぬるぞェ
まぐさおえョ(新庄)

※  刑部とは鎌倉期に京洛方面から耕地開発のため
     新庄地区に入植した開拓団の代表者
     卜部刑部(うらべぎょうぶ)という素封家


曳き山車ばやし

小さい時から二親に
別れて苦労をするわいな
身は高山の石灯篭
今宵はそなたに点(とも)されて
明日の晩はどなたかに点さりょか(以下囃子)
犬(えん)のチンポ蟹ゃ挟んだ
取ってくれんか取ってくれんか
また挟んだ(この文句にはムラ毎の名をいれ  四節の異なる節回しで続唱する)
ハーヤッサヤッサ(黒氏)

※  曳き山車の際に山車の発信直前または駐留時に演奏され

曳山のページで音声も聞けます(ここをクリック)


餅搗き歌

ペンペンペン
ソレ隣に餅搗く杵の音
耳へ這入れど口へはいらん
ペンペンペン
ソレー臼ごっそり持って来よか
ペンペンペン
ソレペンペンペンペン
ペンペンペンと(良川)

※  正月や節句の餅を搗く際に、近隣親族相会して賑やかに歌われた


石蹴り遊び歌

○馬場の者(ばんばのもん)な
だらもんじゃ
宮の前に屁こいて
幾つこいた算用(さんにょう)せい
算用しいしい又こいた
トントントン
アラドッコイ(良川)

○最勝講(さいすこ)さいすこ小在所
かんしょとかけて十三軒
トントントン(良川)

※  かんしょ  便所

※  子供の遊戯で、地面に描いた区画に片脚で飛びながら小石を送る際、
始動の直前に歌った


鳥屋荷方節

ハー  盃の浅い深いは  わしゃ知らねども
中は鶴亀  五葉の松
唐崎の五葉の松さえ   女松と男松
なぜに私が  一人松
白鷺は小首かしげて  二の足踏んで
うつす姿は  水鏡

※  明治頃からか鳥屋地方で婚礼等のお祝いの席で、
     謡曲に続いて必ず歌われた祝い唄